「天ノ川あんぽん譚」登場人物まとめ

※逐次キャラクター追加、詳細を追記中。

主要人物

2人の主人公

お転婆少女と大人しい少年…一見 正反対に見える彼らだが根は似た者同士だ。

月京 竹娘(つきのみや たけのこ) 本名:フィニ・ウィアローク(Fini Vialocu)

宇宙都市国家ルナルナ近衛兵で元宇宙海賊(個人)。
宇宙海賊時代は、強すぎる好奇心・手前勝手な正義感に従い、高すぎる知能・戦闘能力・洞察力・言語能力・コミュ力を活かして、様々な公権力者の悪事を暴露してきたことから、銀河ではそれなり以上に有名。
ただし、変装3点セット(偽顔マスク・ウィッグ・バスト増大パッド)を着用して活動していたため、「ルナルナ近衛兵 月京竹娘」と「宇宙海賊少女 フィニ・ウィアローク」が同一人物と知る者は少ない。

天真爛漫でお転婆な面が目立つ反面 幼少時に両親や親友との生き別れ、表面上の付き合いばかりで長らく孤独だったためか、「自分の力だけで、自分のためだけに、生きていく…。」と心に決めていた。
そんな彼女も、種男との出会いをきっかけに、次第に変わっていく…。

→もっと詳しく

小粒 種男(こつぶ たねお)

和風アパート「なよたけ」の1階に店舗を構える同名の大衆食堂の料理人。凄腕。
老若男女を問わず、彼の旨すぎる料理や、彼へのナンパを目的に「なよたけ」を訪れる客は後を絶たない。

“地・水・風・火の四元素を司る四大精霊龍”をその身に宿し従え、自身は五番目の元素”暗黒物質”を支配する神に近い存在。
しかし本人はそんな大層なものと自覚しておらず、四大精霊は彼の料理を手伝っているだけに留まっている。
(例:地→土をぬか床にする、水→刺身を乗せる氷を生成する、風→カマイタチで食材を自在に加工する、火→言わずもがな。)

屈託がなく社交的で心優しい面が目立つ反面 傷つくことを恐れ自己主張を控えたり、辛いことから逃げ回る傾向にあったが、竹娘との出会いをきっかけに、中々に積極的で大胆な面も併せ持つ様になっていく。

→もっと詳しく

和風ボロアパート「なよたけ」の住人

大伴 美雪(おおとも みゆき)

「和風アパートなよたけ」管理人 兼 「大衆食堂なよたけ」店長。
マイペース。とにかくマイペース。自分の利益が絡むと我を忘れてしまうスーパー自己中。

倉持 桜司(くらもち おうじ)

桃太郎を先祖に持つ、見た目ヤンキー系、中身は古風なイケメン。モテる。
周囲にボケ役が多いためツッコミが追いつかない。
12歳の頃、銀河屈指の戦闘能力を持つショタコン(女性)に童貞を奪われているため、思春期なのに猥談の際にトラウマがフラッシュバックする可哀想な人。

五十守 麻呂(いそがみ まろ)

“普段はだらしないが、いざと言う時は頼れる兄貴分!!”…を目指しているエロ少年。老け顔。
将来の夢は衣装デザイナー。衣装をデザイン・試作品を作るために、”作成した女性服を種男に着せて撮影、その写真を美少女写真と偽って大阪の路地裏で売りさばく”ことで資金を工面している。
その稼ぎが50万円以上/月(当然非課税)にもなるため、アルバイトは馬鹿馬鹿しくなって全て辞めた。

可染一味

ヒノモト征服を企む不老不死のアホと、そのアホに付き従う2人のトリオ。
資金調達・ヒノモトのインフラと国防支配を目的に設立した隠れ優良企業「㈱夕星重機製作所」を運営している。
…結構イイ人達。

夕星 可染( ゆうつづ かぜん)

平安朝廷の最高権力者だった不老不死の変人。
表の顔は㈱夕星重機製作所の社長。裏の顔はヒノモト征服を企む自称悪人。
彼の「ヒノモト征服」の定義は曖昧で、何をしたいのか具体性が無い。
少々ボケている様で、かつてのカリスマ性は見る影もない。悩みはギックリ腰の頻発。

→もっと詳しく

調 石笠(つきの いわかさ)

研究とSMで頭がいっぱいの変態。自身はMである。

珠村 鬼乃子(たまむら きのこ)

かぐや姫の遺伝子情報を元に製造された有機生命体。
㈱夕星重機製作所の秘書・受付嬢で、可染と石笠の護衛・参謀も務める。(アホ2人を介護しているに等しい。)
彼女がいなければ、可染一味は何もできない。

→もっと詳しく

地球-島国ヒノモトに活動拠点を置く人物・集団

チュンチュン料理店「宝飯香楼(ほいこうろう)」関係者

陳 筑鈴(ちん ちゅうりん)

「宝飯香楼」の料理人。種男を一方的にライバル視する、思い込みの激しい頑なな性格のちんちくりん少女。
感情的になると融通が聞かない。いつも感情的になるので、いつも融通が利かない。

陳 宝黄(ちん ほいふぁん)

「宝飯香楼」の店長で筑鈴の父。胡散臭さで出来ているお調子者。
宇宙からの違法食材密輸入に手を染めている。

鄭 薙多留(てい ちたる)

うまい言葉が見付からずに、気持ちを行動だけで表現しようとし失敗する口下手な超長身女性。
元柳生四天王で、かつての戦闘で腕と内臓に大きな損失を負ったため武道から身を引いた。
以降はビルドアップしていた筋肉を落とし、ウェイトレスをしながら対人恐怖症克服に励んでいる。

テーマパーク「柳生の里」関係者

柳生 賛慧光(やぎゅう さえみつ)

「柳生の里」の管理者で柳生本家の現当主。
普段は物静かなことも手伝ってクールな人物と誤解されがちだが、実際は極度の癇癪・情緒不安定・更年期障害持ちである。

フィオナ・ディ・リベリ(Fiona di Liberi),ヌエ(Nue)

欧州で武術の指南役や外交官を務めてきた貴族階級の末裔。幼少の頃の家系没落を機に、柳生の里に移住した。
親は武術を極めさせたかったが、本人は興味が無くジュニアータとアイドルユニットを組んでいる。

→もっと詳しく

ジュニアータ・シルヴァー(Juniata Silva),ピコルフ(PicoLug)

ルシール・エヴリンバート(Lucille Evelynbart)

セス・エヴリンバート(Seth Evelynbart)

カール・リュプケ(Karl Lübke)

浅茅ケ原 シキ(あさじがはら しき)

絡新婦 恵美子(じょろうぐも えびす)

絹川 破獄(きぬがわ はごく)

幸逢天 寿命(ゆきあいがみ ひさのり)

柳生四天王

大海東 アンヌ(おおみさき あんぬ)

南巨摩 条(みなこま じょう)

西堂園 寧々(にしどうぞの ねね)

北綾瀬 法憲(きたあやせ ほうけん)

軍事王国ルナルナ、共和制国家ナスヴィー関係者

ルナルナ王族

月京 篁(つきのみや たかむら)

月京 笹真貴(つきのみや ささまき)

サク(SAKU)

ルナルナ軍部 関係者

ルルデス・レポリナエル Lourdes Leporinael

リオ・ハティー(Rio Hattie)

エヴァンテリアス・フラジリス(Evanterias Fragilis)

特殊作戦小隊員

ベヴァレン・グレゴニー(Beveren Gregony)

ネザーランド・フォン・エルザェム(Netherland Von Elzaim)

→もっと詳しく

フレミッシュ・ド・クイラ(Flemish de Quilla)

ルナルナ諜報機関 関係者

ゼルギウス・ユア(Zergius Yua)

布瀬 弥羽(ふせ みう)

月京 竹義(つきのみや たけよし)

本田 和彦(ほんだ かずひこ)

アイルロポダ・ヘルバ(Ailuropoda Herba)

サバトラ(Sabatora)

共和制国家ナスヴィーの代表者達

クルベル・スティギモロロ(Crevel Stygimololo) & タミア・フェーレウル(Tamia Fereuru)

カルニファガナクス・マキシマス(Carniphaganax Maximus)

ガントロデムス・マキシマス(Gantrodemus Maximus)

マプルス・ロセアエス(Mapurus roseaes)

ノヴァ・ウネンラギア(Nova Unenlagia) & ベラルゴ・サンデル(Belargo Sander)

パルマ・パルム・パメラ(Parma Palm Palmeira) & ロサベーリャ・ロゼ・ロサブランテ(Rosabella Rose Rosabrillante)

フォリリム・ファル・フロゥレンス(Folilim Fal Florence)

ビーフ・ストロガノフ(Beef Stroganoff) & フリージア・ホルスタイン(Freesia Holstein)

ピストリク・ロレンチオ(Pystrik Rorenchio) & ケトゥ・デキッピオ(Keto~u Dekippio)

ピストリク・ダンクルオリヴィア(Pystrik Dunkleolivia)

ピストリク・ロレンチーニア(Pystrik Rorentinia)

その他の登場人物

デア・アーデル(Dea Ardell)

カスチャイルド

ポップフェラー(Popfeller)

ビリー・クソントン(Billy Csonton)

クソントン財団の運営者にして合衆国ハレリカの第42代大統領。エデンの”協力者”で通称「WAR-maker.(戦争屋)」。
ジェシカ・エロスタインが運営する複数の売春拠点の常連で、拉致され奴隷化されたアニマリアン(猫型)を強姦することが何よりの楽しみ。妻では勃たない。
→もっと詳しく

ビラビラ・クソントン(Billbilla Csonton)

クソントン財団のNo2。エデンの”協力者”で通称「Cannibal Baba.(人食いババア)」。
ジェシカ・エロスタインが運営する複数の売春拠点の常連で、拉致され奴隷化されたアニマリアン(犬型)を食することが何よりの楽しみ。特に脳みそが好物のため、クールー病に羅漢している。夫では濡れない。
→もっと詳しく

ブリジット・エビルゲイツ(Bridget Evilgates)

→もっと詳しく

ジョージ・ハメリオ(George Frank Hamelio)

マクシーン・サカーバグ(Maxine Fakebook Suckerbug)

ジュリエット・ゼボス(Juliette Patricia Zebos)

ゴルーグ(Goloog)

ファック・ドーシー(Fuck Tmitter Dorsey)

→もっと詳しく

ガブリエラ・コロス(Gabriella Coros)

シャーロット・ザッカー(Charlotte Eve Zucker)

ジェシカ・エロスタイン(Jessica Eloise Erostein)

→もっと詳しく

ギリアム・セクセル(Gilliam Nadine Mildred Sexcell)

→もっと詳しく

「天ノ川あんぽん譚」登場人物まとめ」への12件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です