M4A1 MRE ”Δ”【GHK】

※「イノカツからの置換(パーツ類をイノカツからGHKに移植)」に伴う記事です。
内容は「【INOKATSU】M4A1 MRE ”Δ”」の加筆・修正版の扱いになります。

1.コンセプト

 2000年代前半に、某国の元大統領を逮捕・拘束する為に投入されたアメリカ陸軍特殊部隊デルタフォース(と思われる)隊員が携行していたM4A1風。(以下”デルタ風”)
KAC MREを軸に、使用を確認できるAN-PEQ2、ギャングスタグリップ、Eo-tech 551、GG&Gやラルーのライザーマウント、レディマグ…といったアクセサリの中から好きな組合せで構築しました。

2.レシピ

2-1.本体(ベース機種)

・GHK M4 SOPMOD BlockII RISII FSP 14.5inch GBBR(M4A1 ver2 2020edition)

2-2.アクセサリ

・G&P WP70 WA M4 MRE フロントセット(レイル ・バレルナット ・スリップリング部のみ使用)
・G&P PEQⅡ Laser with Red Dot Laser
・G&P GP197 ナイツタイプ QDスリングクリップ
・GUARDER KAC レイルカバーレプリカ(11lib2 + 5lib1)
・GUARDER ステッカー AN/PEQ II型 バッテリーケース用 Black
・John Masen Slip Over Recoil Pad(デルタパッド)
・NB EOtech551 レプリカ
・SUREFIRE 6P(LEDヘッド)
・VFC KACタイプ 600M フリップアップ リアサイト
・VFC M4 QD 伸縮ストック スリングマウント
・VFC M4 ガスガン用 M82グリップ
・東京マルイ 旧型ストック
・個人製作ギャングスタグリップ
・個人製作M.R.Eフロントブロック固定ネジ

3.作成の背景・経過

※大半がTwitterダイジェストでの提供となります※

3-1.組もうと思ったきっかけ

ずばり、2016/12/09…友人にギャングスタグリップを頂いたからです!
それまでは
・入手済:MRE、SURE FIRE 6P、PEQ2
・未入手:デルタパッド、ギャングスタグリップ …という状態。
最難関(だと当時 思っていた)ギャングスタグリップ入手をきっかけに、残りのパーツも集める気力が溢れてきた…いえ、「何としてでもデルタ風を組んでやる」と決意した記憶があります(笑)

3-2.東京マルイ「M4A1 MWS」ベースで作成

下記ツイートの投稿日は2016/12/10…決意の次の日に出来上がっていた模様。

2017/01/15:デルタパッド入手。

3-3.ベース機種を「イノカツ M4 GBBR 14.5′(2008ver)」に変更

2018年夏…ほぼ観賞用になっていたデルタ風。
そんな時、捨て値で転がっていたイノカツを入手したので、パーツ類をマルイから移植しました。

最初期の2008verでした。

3-4.M.R.Eフロントブロック固定ネジの交換

3-5.ベース機種を「GHK M4 SOPMOD BlockII RISII FSP 14.5inch GBBR」に変更

理由は…「GHK M4A1 GBB(ver2 2019edition)」のフロントの質感や鋳造レシーバーのハードアノダイズド仕上げが気に入っていたため、実質2020editionである「GHK M4 SOPMOD BlockII RISII FSP 14.5inch GBBR」が欲しかったからでしょうか。
あと、抜群のトリガーフィーリング(←)
(イノカツの後継機扱いなので、従来機よろしく鍛造レシーバ化することも考えましたが、止めました。)

※余談※
GHKから剥ぎ取られたRIS2 FSPは、2020/10/24現在にイノカツに着いています(笑)
結果としてGHKとイノカツでフロント・セットアップを交換?した形に…。

3-6.アクセサリーの補修・ディティールアップ

3-6-1.PEQ2リモートスイッチ差込口補修

補修と言えるか怪しい処置ですが…。

3-6-2.PEQ2レイル固定ナット交換

3-7.完成

4.ギャラリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です